こんにちは。ミヤマエです。

もう4日前のことですが、
GACKT、ポーカー大会「APT2017」で5位入賞 「本気になれるものを見つけた」と熱い思いも

o0480048213900565173
ポーカーをプレイするGACKT(画像はGACKTオフィシャルブログ GACKT.comより転載)

まぐれ、偶然、などと失礼なことを最初は思ってしまったのですが、かなりの実力のようです。

公式ブログを見ると、2017年になってから、毎日記事が投稿されていて、GACKTがどんな生活をしているのか、手に取るようにわかります。

ポーカーとは関係ありませんが、昔はGACKTと言えば、ミステリアスで掴みどころのないイメージでしたが、2017年のブログを見る限り、プライベートすべて公開中のようです。それと、無茶苦茶トレーニングしているようで、今年で43才らしいですが、体型維持に対するストイックさは並々ならぬものがあるようです。私も同じ中年として見習うべき点が多々あり、面白いブログでした。

ポーカーは世界でもっとも競技人口の多いスポーツであるとか、ポーカーをプレイしているうちに英語が話せるようになるとか、初耳情報もあり、参考になりました。

日本でもカジノが合法化されれば、プロポーカー選手が誕生するかもしれませんね。

数年前に、与沢翼がシンガポールでカジノで生計を立てていると聞いて、また怪しいことやってるなと思ったのですが、実際にポーカーなどのスキルスポーツでは、そういうことも可能なのかもしれません。

そんなことを思い、また書籍を買ってしまいました。(麻雀の書籍も購入したまま積読状態なんですが・・・)
フィル・ゴードンの三部作です。





フィル・ゴードンのデジタルポーカー
パンローリング株式会社
2013-06-08


ネットビジネスの怪しい高額塾に入るより、これらの書籍でポーカーを学習してオンラインカジノで勝負した方が稼げるのでは?と思います。実際、GACKTくらいの実力になると、大会での入賞賞金で数百万円もらっているようです。海外渡航費用など加味すると、必ずしも儲かる商売とは言えませんが、実力を付ければ稼げる、というのは、麻雀などと変わりませんね。

それでは、今回も最期までお読みいただきありがとうございました!