オンラインカジノで堅実に稼ぐ方法

ギャンブルなんて稼げないと思っていませんか? それは全くの誤解です。実は、月に数千万円稼ぐプレイヤーも大勢います。 このブログではオンラインカジノ情報を提供します。 さらに!稼ぐ方法はカジノだけではありません。ゲームをアフィリエイトすることで継続的に報酬を得る方法もあります。 たった1度の紹介が無限のアフィリ報酬へと変わる・・・そんな方法をご紹介します! 月収100万円の不労所得を稼ぎましょう!

「オンカジ」ならどこよりも早くオンラインカジノの情報をお届けします!


実際、オンラインカジノを始めようと思うと、色々なカジノがあって迷いませんか?

それに、正規のカジノはきちんと運営国での公式ライセンスを取って運営していますが、中にはぽっと出の怪しいカジノもあります。そういうカジノの場合、勝利金を出金しようとしても、なんだかんだと言い訳を付けられて、出金を拒否されたりします。また、経営状態がよくないカジノだと、カジノが倒産してしまい、入金した資金が出金できなくなってしまうなんてこともあります。

そんなカジノ業界の情報をきちんと精査して、信頼できるカジノだけをピックアップしているのが、オンラインカジノ総合コミュニティーサイト「オンカジ」です。心配な方は、紹介しているカジノの各ホームページを訪れ、カジノの経歴や公式ライセンスをご確認ください。中には、収益情報を赤裸々に公開しているカジノもあります。

それで、本題のどのカジノを選べはいいか?ということなんですが、正直、人それぞれケースバイケースで異なるので、一概にどれが良いというのは難しいのです。そこで、こんなミニ診断を用意してみました。



簡単な質問に答えていくだけで、あなたにオススメのカジノが見つかります。
わずか30秒でできますので、どうぞお試しください。

オンラインカジノ初心者のためのコミュニティサイト『オンカジ』



こんな記事見つけました。

誰も聞いてくれないからね。

今日はここで「初心者麻雀あるある」を言わせて欲しいっ!!

 

①「ツモった!」と思ったら、フリテンだった!

②捨て牌合わせたら、3暗刻余裕でできている!

③七対子を狙っていたのに、いつのまにか対々和!

④人の捨て牌まで見る余裕がないから、跳万とか振っちゃう!

⑤鳴きすぎて、最終的になにがしたいのかわからなくなる!

出典: golfpartner

今の私では、上のあるあるに使われてる言葉の意味もはっきりと分からないのですが、とにかくこの方の熱量の高さは伝わってきます。(笑)

こんなに麻雀好きなら、一緒にDORA麻雀やってくれないかなーと思いつつ、私も早く麻雀覚えたい!とモチベーションがあがります。

そういえば、NHK朝ドラ「べっぴんさん」に出演中の、村田健太郎役の古川雄輝さん。彼も麻雀好きらしく、先日、スタジオぱーくで熱く語っていました。
出典:古川雄輝、実は麻雀が大好き 「最高で3日間」ぶっ続けでプレイすることも!?

こうして意識してみると、結構、麻雀好きの人は多いみたいです。
また、一度ハマると、寝食忘れてプレイしてしまう、そんな面白さがあるみたいですね。


私は、とりあえず、超初心者入門から始めてみました。


出典:マージャンスタジオ

活字もマンがもちょっと読むのが億劫なので、手軽に動画で学習です。
余談ですが、こういう動画を無償で制作してアップしてくれている方ってすごいですよね。
結構手間だと思うのですが、本当にありがたい限りです。

第1話から、まずは、牌(ハイ)の名前・呼び方、牌の数など、超基本から説明してくれています。
やっぱり動画だとわかりやすいですね。

第4話くらいまで見たところでヤル気が出てきたので、もっと学習のスピードを上げようと思い、書籍購入することにしました!



活字の本もあったのですが、モチベーション維持するため、マンガにしました。
入門、役の覚え方、勝つ打ち方、点数計算、全部入門編ですが、4冊まとめて購入しました。

ただ、買ったのは日曜日なんですが、買って満足してしまって、2日間放置してます。
これは・・・積読になってしまう予感が・・・。

そんな思いもあり、再度、気合を入れるために、記事を書いてます。

最初の用語の説明などは動画の内容と同じです。
ただ動画一回見ただけでは全部覚えられないので、復習用という感じです。

それでは、また随時更新していきたいと思います!

これから麻雀を始めようという方はDORA麻雀がオススメです!
以下のページもぜひチェックしてみてください。

DORA麻雀の公式ページ 
DORA麻雀の説明ページ 
DORA麻雀関連動画 




実は、私はまったく麻雀の経験がないのですが、この度、麻雀デビューすることになりました。
(ドラえもんドンジャラの経験が25年前に少々あります)

周りに麻雀をやっている人間もいないので、どうしたものかと思っていたら、
近所に「麻雀教室」がありました。何という偶然。

 【銀座ファミリー麻雀教室】 麻雀を通じて、より心豊かな人生を! 

何だか、妙にアットホームな雰囲気です。(笑)

ちょっと予想していたのと違いました。
見学に行ったのですが、平日だというのに、40人くらいのお年寄り(主に女性客)がプレイしていました。

さすがに、孫世代の私が飛び込むのには勇気がいるので、入会は諦めましたが、いい意味で麻雀へのイメージが変わりました。雀荘のイメージは、煙草の煙で曇っている中、スーツ姿のオッサンたちがプレイしているものだったので。


もともと、麻雀を始めようと思ったきっかけは、DORA麻雀というオンライン麻雀をプレイするためです。

オンラインカジノでは様々なゲームがありますが、麻雀を提供しているのは、ここぐらいじゃないでしょうか。

ポーカー、ブラックジャック、麻雀などは、「スキルスポーツ」といって、ギャンブルでありながら、プレイヤーの実力によって勝率が大きく左右されるという特徴があります。つまり、強い人が勝つということですが、それに比べてスロットやルーレットは完全に運任せなところがあります。オンラインカジノで利益を出そうと思ったら、スキルスポーツ要素の強いゲームをする必要があります。そんな理由で、麻雀を始めることにしました。

ところで、

・オンライン麻雀って大丈夫なの?
・賭けマージャンって違法じゃないの?
・プレイするのにお金かかるんでしょ?

そんな疑問があると思いますが、それについては、以下のページをご覧ください。

DORA麻雀の説明ページ 

上記ページをご覧いただくとわかると思いますが、

・国際ライセンスのもと、合法的に賭け麻雀ができる
・1ゲーム90円からプレイできるのでお小遣いの範囲で楽しめる
・時間を気にせず好きな時に賭け麻雀をプレイできる
・高額卓でプレイすることで、東風戦1回で1万円も獲得できる

などなど、何の心配もないことがわかります。


さて、とりあえず、無料登録して、ソフトをインストールしてみました。

2017-03-18_06h34_43

 さすがにこの時間(土曜の朝6時)なので、プレイヤー数約60名、プレイ中の卓3と少な目ですが、平日深夜帯や土日は活況です。プレイしてしばらくすると、お誘いのチャットが飛んできます。

プレイヤー間でチャットもできるようで、さながらSNSの雰囲気です。

上記の画面を見ていただくとわかる通り、「まずは無料で練習する」というメニューがあります。初心者はまずコレでしょう。


腕に自信のあるプレイヤーはすぐにトーナメントに参加することもできるようです。
以下は公式ページになりますが、

DORA麻雀の公式ページ 

上記ページ内の トーナメント情報>最新トーナメント結果、BIGトーナメント結果 を見ると、数日おきに開催される小さなトーナメントでも200~500ドルくらいの賞金獲得ができるようです。さらに、BIGトーナメントでは3000ドル以上の賞金がついているので、一回勝つだけでもサラリーマンの月給並みですね。

ちょっと余談になりますが、雀士と呼ばれるプロの方たちの年収はどれくらいなんでしょうか。

麻雀プロの年収っていくら?雀士の収入あれこれ 
プロでも賭け麻雀はするのでしょうか?

ビッグタイトルの賞金でも100万円くらいのようです。
実際はプロといっても本業だけでは食べていけないらしく、色々と副業をするようですね。

となると、DORA麻雀にもプロの方が参加しているんですかね。

いずれにしても、腕に自信のある方は、その腕だけで食べていけそうですね!


日本では、まだオンラインでリアルマネーで麻雀するのは、一般的ではないですね。
しかし、一方で、カジノ法案が成立間近だったり、オンラインカジノ利用者が不起訴処分になったり、時流としては確実に公式な合法化の方向へ向かています。

以下、カジノ関連のニュース、法的扱いをまとめたサイトです。

カジノ法案関連のニュース一覧 
オンラインカジノの法的位置について


カジノが合法化されると、オンライン麻雀のユーザーも一気に増えると思いますので、参入するなら今が一番いいタイミングだと思います。例えば、FXなども、初期に参入した投資家は、規制が緩い中でハイレバレッジで取引できたり、世間が注目し始めてユーザーが増える過程で、アフィリエイトや商材ビジネスで大きな利益を出したりして、FX長者が多く誕生しました。それを考えると、法整備が完全に整う前段階から動くことが本当に儲ける秘訣だと感じます。

もちろん、儲けることだけがすべてではありません。純粋に麻雀ファンの方にとっても、リアルの雀荘では卓代が高い、人数が集まらない、といったデメリットがあると思いますので、オンライン麻雀でプレイしてみるのも一考かと思います。 

以下、DORA麻雀の関連リンクです。ぜひご覧ください。

DORA麻雀の公式ページ 
DORA麻雀の説明ページ 
DORA麻雀説明動画 


↑このページのトップヘ